MESSAGE オーナー様へ

MESSAGE オーナー様へ

日本の将来にあなたはどれくらい自信がありますか?

あなたはすでに日本国内で不動産をお持ちで、賃貸経営をされていることかと思います。
もしかすると、すでに充分な資産を築かれ、リタイアされたり、経済的自由を楽しんでいらっしゃるかもしれません。

しかし、その一方で不動産投資を始めたにも関わらず、戦略が間違っていたために国内で資産を増やせなくなったり、トラブルの多い間違った物件を購入してしまったり、後悔している方も多くみられます。

私たちがこの仕事を始めたのも、そういった人の力になれないかと思ったことがきっかけです。そして今、順調そうに見える大家さんにも、将来のリスクや心配の種が存在しているのです。投資にはキャピタルゲインとインカムゲインと呼ばれる2つの利益が有り、どちらもおろそかにすることはできません。

最終的に投資の出口を迎えた時、トータルでどの様な利益が出たのかが一番重要になります。

日本の国内不動産は、購入当初の利回りが高く、インカムゲインは発生しやすいと言えます。しかし、人口が減少し続ける日本では、何もしなければ徐々に空室が増え、家賃も下がる一方です。
それを避けるためにリノベーションや大規模修繕などを行うには、今までの収益の大半が消えてしまうような大きな費用が発生します。
また日本の市場では建物は築年数が経てば価値が減少するため、不動産価格も徐々に下がっていきます。
さらに、経済の停滞とデフレがそれに拍車をかけます。

今お持ちの不動産が将来出口を迎える際に、思ったよりも値下がりしていても不思議ではありません。
私は日本の不動産投資が必ずしもすべて駄目だと言っているわけではありません。
どんな投資にも長所も短所も存在します。完璧な投資法など存在しないのです。

だからこそ、国内の不動産のみに投資するのでは無く、ポートフォリオを組み、資産配分と分散投資を行い、より低いリスクでより高いリターンを求めることが重要なのです。

私は日本での不動産投資は限界があると感じていたのですが、海外の不動産投資と日本の不動産投資を組み合わせることで大きな相乗効果を出せることに気がつきました。
マレーシアのように成長を続ける新興国で不動産投資をする場合、日本よりも金利が高く、購入当初の利回りが低いといった短所があります。

つまり、購入当初はキャッシュフローが出にくいのです。しかし、日本国内からキャッシュフローを得ている大家さんには、資金力があるためそのリスクをカバーすることが可能です。

一方で、新興国は経済成長や人口の増加に伴い、不動産価格や家賃の上昇がみられるという大きなメリットもあります。

ちょうど高度成長期の日本の様な状況です。
そのため購入当初は大きくなかったキャッシュフローも年々家賃が上昇するのに伴い、徐々に増えてゆきます。
マレーシアでの不動産投資はキャピタルゲインだけで無く、キャッシュフローも合わせて長期的なリターンが狙えるのです。
さらには、今の円高を上手く活かすと、将来の円安の際には為替差益という3つ目のリターンも狙えるのです。
そうして生まれた海外資産からの収益を活用することで、日本の不動産の残債を返済したり、大規模修繕・建て替え・リノベーションといった大きな支出に対応することも可能になるのです。
日本国内の資産を支えるためにマレーシアの資産を活かすことは、あなたの不動産投資にとってリスクヘッジになるとともに、大きなメリットになるのではないでしょうか?